1. HOME
  2. イベント
  3. 展示
  4. 共催事業|(2019/7/4〜9/15) 組踊上演300周年記念・特別展示②「執心鐘入をめぐって」|国立劇場おきなわ

共催事業|(2019/7/4〜9/15) 組踊上演300周年記念・特別展示②「執心鐘入をめぐって」|国立劇場おきなわ

組踊上演300周年記念・特別展示「執心鐘入をめぐって」

玉城朝薫の五番の中でも特に異彩を放つ「執心鐘入」。美男の誉れ高き少年に恋をした女は、愛が破れて逆上し鬼になります。
文学・演劇・音楽など様々に描かれる「道成寺もの」の一つですが、そのどれとも異なります。他ジャンルの「道成寺」を展示し、組踊との共通点と独自性から、朝薫の世界を浮き立たせます。
執心鐘入と関わる、伝統芸能の「道成寺もの」についての展示をお楽しみください。

開催期間

2019年7月4日(木)9月15日(日)
10:00〜18:00
(夜公演の際は、閉館まで開室)

場所

国立劇場おきなわ 1階資料展示室
沖縄県浦添市勢理客4-14-1
・勢理客バス停(国道58号線沿い)から徒歩10分
・国立劇場おきなわバス停から徒歩1分
・那覇空港から車で約20分(時間帯による)
・駐車場あり(209台・無料)

名称

「執心鐘入をめぐって」
<組踊上演300周年記念展示②> 

料金

無料

お問合せ

TEL : 098-871-3318
国立劇場おきなわ調査養成課

主催者

公益財団法人 国立劇場おきなわ運営財団

COMING

今後のイベント | 展示