1. HOME
  2. 特集
  3. Interview|未来への継承者たち Vol.2「島袋奈美」

特集

組踊上演300周年記念事業-特別企画-

Interview|未来への継承者たち Vol.2「島袋奈美」

1719年に組踊が上演されてから300年、多くの先人たちによって組踊が今日まで伝え続けられてきました。
「インタビュー|未来への継承者たち」は、次の100年をつなぐ役割を担う中堅・若手実演家たちにスポットをあて、シリーズで組踊の魅力やこれからの組踊について語っていただきます。

第2回は、組踊の重要な構成要素である琉球古典音楽、なかでも歌三線は、長い歴史のなかで男性が中心となって担ってきました。近年では歌三線に取り組む女性も増えてきています。
女性地謡の会しほらの島袋奈美会長にお話を伺いました。
(インタビュー:真栄里泰球)

 

女性地謡として活躍の場を広げる島袋奈美さん。時には稽古場になるという実家が経営する花屋の前で。

Q.女性地謡(歌三線)として活躍中ですが、組踊との出会いはどんなものだったのですか。

島袋 小学校5年生からクラブ活動で三線を始めました。もう20年くらいになります。でも、組踊を知ったのは沖縄県立芸術大学に入学してからです。それまでは存在も知りませんでした。初めて見たのは大学の先輩方が演じる「執心鐘入」でしたが、迫力に衝撃を受けました。大学で比嘉康春先生(注・現沖縄県立芸術大学学長)などに教えていただきました。卒業後も、出演依頼のお話を頂いたら断るという選択肢はないので、がむしゃらに挑戦しています。比嘉先生が女性地謡を推してくださっているのがありがたいです。

Q.組踊の地謡として、やりがいや面白さを感じるのはどんなところですか。

島袋 先輩方についていくのに精一杯です。ストーリーを通して登場人物の気持ちをつかみ、歌三線で表現するところは、やりがいがあります。たとえば「執心鐘入」では「干瀬節(ふぃしぶし)」が3回出てきます。登場人物の「宿の女」の心情の変化を歌詞を変えて同じ曲で表現します。テンポや歌い方など、やるたびに考えます。声量があって強いからでしょうか、私は3回目の「干瀬節」(注・私を振り捨てていくなら一緒に死ぬしかないという意味の歌詞)がいいと言われることがあります。組踊の歌三線は複数で担当することが多いですが、一人で担当することになったら、私ならどう表現するかと考えたりもします。 先日は「しほら」の公演で組踊「手水の縁」を上演し、「音取(にーとぅい)」(注・地謡のリーダー)を勤めました。私が崩れるとまわりも狂ってくるので、気が抜けません。音楽面はもちろん、衣装の着付けや座る姿勢など基本的なことから注意を受け、本番はなんとか形になったと手ごたえを感じることができました。

会長を務める女性地謡の会しほらの公演。演目は「手水の縁」。 撮影者:大城洋平

 

Q.女性地謡の会しほらは8年目を迎え、2代目の会長をされています。

島袋 同じ志を持って古典音楽に向き合う仲間で結成しました。結婚や子育てなどの事情で芸能活動を一時休んでいるメンバーもいますが、新しい会員も加わってくれています。自主公演のほか学校公演などにも呼んで頂く機会があり活動が広がっています。

Q.古典音楽の中でも歌三線は男性が担ってきた歴史があります。

島袋 女性の地謡は、まだまだ少ないです。最近は女性の舞踊家の先生から「やわらかくて踊りやすい」との声を頂けるようになりました。組踊の場合は二仮名掛けという技法があって、立方の唱えと声の高さが違ったりした場合に歌い出しに苦労するところもあります。三線の音を基本に音高をとる必要があると考えています。経験を積み、技術を磨いて歌いこなすのが腕の見せどころだと思います。

Q.どんな実演家を目指していますか。

島袋 基本的なことや細かい技術的なことなど、先生方や先輩方からの指導を学び、地謡としての舞台経験を積んで、高めていきたいです。最近やっと、冷静に自分の演奏を聞くことができるようになってきたと感じています。家族の支えにも感謝してがんばりたいです。私たちを見て、歌三線・地謡をやってみたいと思ってくれる女の子が増えるといいな。

古典音楽を奏でるときは地謡の正装で威儀を正す。 撮影者:大城洋平

Q.組踊が初上演から300年を迎えました。

島袋 組踊はまだまだ知られていないと思います。でも先日の「しほら」の公演で初めて見た方から、とても面白かったと感想がありました。何かのきっかけで興味を持って劇場に来てくれた方が、2回3回と足を運んでくれるように、いい舞台を目指したいです。


 島袋奈美(しまぶくろ・なみ)
 儀間常善に師事。沖縄県立芸術大学大学院修士課程修了。琉球古典音楽野村流保存会師範、女性地謡の会しほら会長。

 

 


インタビュー:真栄里泰球(まえざと・たいきゅう)
2001年沖縄タイムス社入社。組踊や琉球舞踊など琉球芸能を長く取材。
新聞のほか国立劇場おきなわステージガイド「華風」、各種雑誌などにも寄稿している。

 


 

 

SPECIAL

特集リポート